早く離婚したいと思っていたのにも関わらず、いざ離婚すると後悔してしまうこともあります。 人それぞれ後悔する理由は異なりますが、一般的に多いのは以下のような理由です。 ・経済面 ・取り決め ・離婚後の不安 ・子供の変化 専業主婦だった人の場合だと、離婚後に経済面で苦労することが多いでしょう。 今まではそれほど不自由なく生活できていたかもしれませんが、配偶者がいなくなったことによって、自分、または、自分と子供の生活を自分で安定させないといけません。 特に、しばらく仕事をしていなかった人は、なかなか正社員になることができず、アルバイト・パートを掛け持ちして生活しているケースも多いのです。 早く離婚したいと思うあまり、養育費や慰謝料を十分に受け取らないこともよくあります。 また、養育費や慰謝料を相手がきちんと支払わないせいで、離婚前の予想よりも困窮してしまうといったこともあるようです。 離婚前に養育費や慰謝料はしっかりと請求して、支払いが滞った時のために、公正証書も作っておきましょう。 離婚するとストレスから解放されるイメージが強いですが、必ずしも精神的なストレスがなくなるとは限りません。 経済的な苦労や生活環境の変化によって、今までとは違うストレスを感じ、離婚を後悔する場合もあるのです。 それに、子供の性格や態度が離婚によって変わってしまうということもあります。 離婚を切り出す前に離婚した人の体験談などをよく読んで、後悔しないかどうかよく考えてみた方がいいでしょう。